スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肯か否かスネール

水槽を立ち上げると何処からともなく
湧いてくるアイツです。
DSC00004.jpg

アクアリウムのレイアウト変更をして
約2ヶ月、水草も落ち着いてきました。


DSC00008.jpg

木綿糸も溶けて無くなり
ウィローモスもバッチリ活着。


DSC00011.jpg

流木周辺はADAの侘び草を意識しました。

DSC00012.jpg

狙い通りウォータースプライトの
間からコークスクリュー・ヴァリスネリアが
ちょろちょろっと出て来てます。

もう少し背丈が伸びれば良い感じに
なりそうですねぇ。


DSC00014.jpg

流石に大磯砂の底床ではヘアーグラスは
まだまだ…ん?

出ました、写真の真ん中。

水槽が落ち着いてくると必ずスネールが
湧いて出ますねぇ?

スネールとは巻貝等を意味する英語の
snailの事でアクアリウム界では主に勝手に
湧いて出る名も無き貝の意味で使われています。

驚くほど爆発的に増殖するので一般的には
厄介者扱いで駆除の対象なのですが
実は管理人的には割とウェルカムな存在。

何なら「水槽の仲間が増えた!ヤフー!!」
位にしか思っていません。

なぜならこのスネール、コケ取り職人の
役割も果たすからです。

石巻貝(詳しくは
こちら)等もそうですが
貝系の生き物は貝殻を形成する為に
カルシウムが多く含まれる硬水(一般的に
アルカリ性の水質)を好むので水草水槽に
多い弱酸性&軟水の水質には不向きです。

しかしこの我が家の弱酸性&軟水の水質で
育ったスネールにはその心配がありません。
何しろその水質でここまで育った訳ですから。

強力な貝系のコケ取り職人、しかも弱酸性&
軟水の水質に対応となれば水草水槽の
アクアリストとしては嬉しい存在な訳です。

“大増殖して鬱陶しい”の問題については
上記の水質が解決してくれます。

卵からふ化した貝の子供が成長するには
水中のカルシウムが必要不可欠ですが
そのカルシウムが少ない水質なので
残念ながらスネールはあまり成長できません。

しかも水草に産みつけられたスネールの卵は
オトシンクルスやヤマトヌマエビ等の
コケ取り職人達にあらかた食べられてしまうので
生存競争的にかなりキビシイ状況にあります。

よって我が家の水槽ではそれらの過酷な
状況を生き抜いた“スーパーサイヤスネール”しか
成長できないので爆殖の確率は低いと
考えられます。

実際どんなに多くても管理人は3匹程度の
スネールしか今まで見た事ありません。

しかし石組みレイアウトや弱アルカリ性を好む
東南アジアの水草水槽の方にとってはやはり
大増殖は深刻な問題ですし水質維持をサボッて
スネールが爆殖すれば管理人だって手の平を返して
エレン・イェーガーと化し「駆逐してやる!!」
とか言いだすかもしれませんので
スネールバスターも紹介したいと
思います。

アノマロクロミストーマシー/アフリカ
アノマロクロミス トーマシー (5cm) 1匹

アノマロクロミス トーマシー (5cm) 1匹
価格:380円(税込、送料別)



5〜8cm位のシクリッドの仲間で
貝を殻ごとバリバリ食べてくれる
スネールバスターの代表格。

26℃前後の水温で弱酸性〜
弱アルカリ性まで適応するタフガイ。

飼育も容易で水槽内で繁殖できますが
卵を産むと自分の縄張りに侵入してきた
他の生き物を攻撃したりします。

コイツに限らずシクリッド系の魚は
気性が荒い事が多いので注意が必要です。
他の魚との混泳は上記に注意すれば
問題無く可能です。

ただ、ミナミヌマエビやビーシュリンプ等の
小型のエビも貝同様に食べられてしまうので
エビとの混泳は避けましょう。

アベニーパファー/インド


2〜3cm程の世界最小のフグで
フグの仲間では数少ない純淡水性。

26℃前後で中性〜弱酸性の水質を好み
飼育も容易で繁殖も可能です。

見ての通りの可愛さ&飼育の容易さで
近年人気急上昇中のフグです。

こちらは世界最小フグだけあって
生まれたばかりの稚貝をヘリコプターの
ホバリングのような動きで近づき
「ヒュッ!」と吸い込んで食べます。
スネールの早期対策向きですねぇ。

餌の貝が無くなりお腹が減ると
他の魚のヒレ等にかじり付く事が
あるのでお腹は常にいっぱいに
しておきましょう(笑)

同種での縄張り意識は結構
高いらしくて数匹飼育すると
イジメられる個体が出る事も。

人工飼料には餌付きにくいので
スネール駆逐後はブラインシュリンプや
冷凍赤虫をあげると良いでしょう。

管理人的にはエビがいる事が多い
水草水槽にはこちらのアベニーの方を
お進めします。

アベニーパファーの飼育、繁殖を
されている
タイムさんのサイト。

飼育や繁殖の方法が詳しく
書かれているのでアベニーを
飼ってみたい方は必見です。


スネールキラースネール/タイ、インドネシア等
スネールキラースネール  1匹

スネールキラースネール  1匹
価格:315円(税込、送料別)



最近出て来た2〜3cmの新進気鋭の殺し屋。
貝のくせに弱アルカリ性〜弱酸性の
水質対応と適応能力が高く自分より小さい
スネールの中身を食べます。

実際には雑食で魚やエビの食べ残しや
死骸も食べるようでどちらかと言うと
掃除屋的な存在でしょう。

水温も23℃〜28℃と結構なタフガイっぷり。

基本雌雄同体の貝系においてコイツは
しっかり雄雌に分かれています。
なので雄、若しくは雌オンリーで飼えば
増殖を完全に防ぐ事が出来ます。

そこら辺がスネールのくせに
“スネールキラー”の称号を得た
所以でしょうか?

しかし…キモイ(´A`;)

目には目を、スネールにはスネールを
といったハンムラビ法典好きな貴方に。




theme : 熱帯魚
genre : ペット

tag : 水槽 アクアリウム スネール スネールキラースネール

comment

Secret

管理人の徘徊先

管理人が読み逃げさせて頂いたり相互リンクさせていただいているサイト様の最新記事ですYo!
プロフィール

ぶらっくもーりー

Author:ぶらっくもーりー
これからアクアリウムを始めたいと思っている人の役に立ち、知識やテクニック+αの情報があるサイトを目指している初心者アクアリストです。これから徐々にコンテンツを充実させていきたいと思っていますので良ければまた遊びに来て下さい。(初めての方はこちらもご覧下さい。)

カテゴリ
月別アーカイブ
良ければ応援お願いします
人気ブログランキングへ
通販アクアショップ
機材から生体まで品揃えがハンパ無いっす。
     charm楽天市場店
アイテム簡単検索
飼育/育成方法を調べる
超熱帯魚図鑑 (魚の値段も調べる場合はこちら超水草図鑑エイトミリオン (水草の値段も調べる時はこちら
リンクについて
このサイトはリンクフリーです。特に断り等も必要ないので自由に、かつフリーダムにリンクしてやって下さい。また、ジャンルに関わらず相互リンクも大歓迎ですのでその際は下記メールフォームや各記事のコメントにてお知らせ頂ければ幸いです。是非相互リンクしましょう!

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
相互リンクサイト様
相互リンク募集中ですー!
RSSリンクの表示
訪問THANKSです
記事検索
管理人的買って良かった
人気アクアリウム用品
ピックアップ
人気ペット用品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。