スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大丈夫そうですなぁ。

大磯砂でも。
成長早いとトリミングが大変で嫌だからと
大磯砂に植えてみて(1本だけ)その後
さらに様子を見て大丈夫そうな気配が
してきたアルテルナンテラ・レインキー・
ロサエフォリア(トロピカ)ですが
(詳しくは
こちら)その後さらに1ヶ月程
様子を見てみた結果


DSC01322.jpg
どうやら本格的に大丈夫そうですねぇ。

多少ナナメッているのはこの1ヶ月の間に
1度エビ蔵にひっこ抜かれてそれを
テキトーに差し戻したからです(笑)

それ以外は葉の裏もちゃんと赤いし
枯れたりダメになってきている様子も
無いしで2ヶ月もコレならきっと多分
大丈夫って事なんでしょう。


DSC01323.jpg

何より成長速度の差が歴然!
ソイルの方はご覧の通りモリモリ伸びて
いますが大磯砂に植えた方は全然。

このペースならトリミングする回数も
スパンも全然削減出来る事間違い無しですねぇ。

逆に言えば水草アクアリウムにおいて
いかにソイルが効果的かを物語る結果に
なりましたが確かにこんだけ良く育つんじゃ
“アクアリウムやるわー!→水草植えるわー!
→じゃあ底床はソイルだなー!”ってなるのも
納得…そりゃあソイルにするわって話です^^;

ソイル、大磯砂、サンド等底床にはそれぞれの
特性がありますが(詳しくは
こちら)十分な
光量の照明とCO2添加がある上でソイルを選べば
基本大概の水草は問題無く育てられる環境に
なるので“水草アクアリウムやってみたい。”
“とりあえず色んな水草を沢山育ててみたい。”
“照明やCO2添加の設備を揃える気もあります。”
って人にとってはやはりソイルが良いのかも?

まぁ、兎にも角にもこの調子なら大丈夫そうなんで
ロサエフォリアは今後切ったのを大磯砂に
差し戻してソイルの方で増殖させる方向に徐々に
シフトして逝きましょうかねぇ♪




theme : 熱帯魚
genre : ペット

comment

Secret

Re: タイトルなし

あいなるさん

いやぁ、最近は特にデザインとか全然変えて
いなかったので以前のままだと思いますが
見やすくなってますか?…け、計算通りだ(笑)

仰る通りやはり植物的には土が良いようで
今回は育ちの差が歴然となりましたねぇ^^

あいなるさんの新水槽でソイルと砂を上手に
分けて作っているのを見て「この方法なら
植木鉢どうやって隠そうか?」的な問題も
解決できるなぁと凄く参考になりました!

これからどんな風に発展していくのか楽しみに
させて頂いていますよー^^b

ブログデザイン変えましたー?
すっきりして見やすい( ^ω^ )

ソイルに変えてみて思ったこと
すっげー根の生えかた!!(°_°)
砂利とは大違い!
植物はやっぱり土がいいのかな?って思いましたねー

Re: No title

aquaboxさん

そうなんですよねぇ。いつまでも無限に栄養が出続ける
訳じゃ無いので定期的に交換しなきゃならないし
それでも放置していると最終的に崩れてくるのが
「メンドクサイから手入れとかあんまやりたくないや。」って
場合にはどうしてもネックになってしまうんですよねぇ…。

“育てる”って事においては間違い無くソイルなんですが…^^;

そこで考えた末の我々が愛用している“ソイルが必要な水草だけ
植木鉢大作戦”な訳ですなぁd(・∀・)b

“植木鉢を隠す為のレイアウトテク”という局地的なスキルが
upするのも隠れたメリットです(笑)

Re: No title

くれいんまんさん

いえいえ、検証と言っても基本放置してたダケですが
そう言って頂けるとウレシイですよー^^

ソイルと大磯砂の差みたいのが完全に出た感じですが
自分の様に「手入れとかメンドクサイからあんまり
やりたくないなぁ。」って場合にはそれはそれで
大磯砂のメリットもあったりする感じですねぇ(笑)

崩れないが故にバクテリアが住み着いたりエアレついでに
底面フィルターを使えたりするのも地味にメリットだったり
しますのでもし大磯にチャレンジする事があれば合わせて
そっちの効果も是非体感してみて下さいねー^^

と、頑に大磯砂の良い所をアピールしてみました(笑)

No title

ソイルは崩れたり、定期的に交換しなきゃならなかったり
バランスの良い栄養が出てくる分、余ればコケるし・・・
極端な話、生体と水草どちらをとるかという感じにも思いますね…

大磯ならメンテナンスも楽で何度でも使えるし、
そのおかげでバクテリアがしっかり住み着いて生体・水質の維持には利点が多いですよね。
ただエサと排泄物だけが栄養なんで、ベストに持っていくには足りない部分を補ってやらないとなりませんが…
やっぱり基本大磯など+POTにソイルで増やしたい水草(勢いがすごいのは大磯でw
がいいってことですかね(´ω`*)w

No title

検証お疲れ様です。
確かにソイルでの育成のメリットを浮き彫りにした感はありますね~。でも大磯での育成がメンテナンスの煩わしさから開放されるのであればそれも一つの方法として成り立ちますね^^
大磯はどうも苦手ですが、機会があればチャレンジしたいです。
ナイスレビューをありがとうございました!

管理人の徘徊先

管理人が読み逃げさせて頂いたり相互リンクさせていただいているサイト様の最新記事ですYo!
プロフィール

ぶらっくもーりー

Author:ぶらっくもーりー
これからアクアリウムを始めたいと思っている人の役に立ち、知識やテクニック+αの情報があるサイトを目指している初心者アクアリストです。これから徐々にコンテンツを充実させていきたいと思っていますので良ければまた遊びに来て下さい。(初めての方はこちらもご覧下さい。)

カテゴリ
月別アーカイブ
良ければ応援お願いします
人気ブログランキングへ
通販アクアショップ
機材から生体まで品揃えがハンパ無いっす。
     charm楽天市場店
アイテム簡単検索
飼育/育成方法を調べる
超熱帯魚図鑑 (魚の値段も調べる場合はこちら超水草図鑑エイトミリオン (水草の値段も調べる時はこちら
リンクについて
このサイトはリンクフリーです。特に断り等も必要ないので自由に、かつフリーダムにリンクしてやって下さい。また、ジャンルに関わらず相互リンクも大歓迎ですのでその際は下記メールフォームや各記事のコメントにてお知らせ頂ければ幸いです。是非相互リンクしましょう!

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
相互リンクサイト様
相互リンク募集中ですー!
RSSリンクの表示
訪問THANKSです
記事検索
管理人的買って良かった
人気アクアリウム用品
ピックアップ
人気ペット用品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。