スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魚の写真は難しい…。

まぢムズイ…orz
管理人のアクアリウムは水草メインなので
写真を撮るのもまぁブレたりせずに何とか
なっていますが相互リンクさせて頂いてる
方のブログや徘徊させて頂いてる方のブログでは
キレイな魚の写真が沢山あります。

…どうやって撮ってんだろう?

管理人は写真自体は特に趣味でもなけりゃ
詳しい訳でも無いのでとりあえず持ってる



↑で何とかかんとか撮っているダケですが
動いている魚はブレるわ奥にいる魚は
ズームで撮っても画質荒いわでなかなか
上手く魚を撮る事ができません…orz

テクや知識があればこのデジカメでも
キレイに魚を激写できるのかもしれませんが
それにしても他の方のブログの魚の写真は
それはそれはキレイなのでちょっと頑張って
自分も魚の写真を撮ってみる事にしてみました。

オトシン 撮影難易度:☆


DSC01536.jpg
まずはオトシン…楽勝です。
我が家のオトシンは触っても逃げない程の
“手乗りオトシン”な上に割と水槽の前の
方にくっついている事が多いので特に
苦労も無くとりあえず鮮明な写真を撮る事が
できましたねぇ。

ヤマトン&ミナミン 撮影難易度:☆☆


DSC01542.jpg

DSC01544.jpg
これもまぁ普通に撮る事が出来ました。
管理人のカメラではズームしても画質が
荒くなってしまうので奥にいる個体を
撮るのは難しかったですが数が多いので水槽の
手前の方にいる個体を撮れば良いダケですねぇ。

たくさんいるから誰かしらが丁度良い所にいます(笑)

クーリーローチ 撮影難易度:☆☆☆


DSC01553.jpg
ここら辺からだんだんと難しくなってきました。

クーリー君は普段隠れているのでその場所次第。

ガラスの近くでかつ障害物の少ない所にいてくれれば
動く事自体はあんまり無いので普通に撮れますねぇ。

水槽の奥でしかも影とかにいられたら完全に
お手上げなので運要素も絡んできます。

スケスケナマズ 撮影難易度:☆☆☆


DSC01535.jpg
コイツも普段はお気に入りの場所で
停止しているのでソコが撮影可能な
場所であればそんなに難しくは無い感じ。

ただ、前に出て来て泳いでる所を撮るのは
かなり厄介ですねぇ。

泳ぐスピードが早いので中々…てか全然
上手に撮れません…今回の写真もやっとの
事で撮れたぶっちゃけ奇跡の一枚です^^;

プリステラ 撮影難易度:☆☆☆☆


DSC01543.jpg
“スーっと泳いでピタッと止まる”的な
動き方をするので撮影チャンスはあるかなと
思いましたがカメラが怖いらしくて全然
良いポジションに来てくれません。

しかも水槽の奥の方に逝っちゃって中々
前面に来てくれなくなるってゆーorz

悪戦苦闘でどうにか撮る事ができました。

それにしても我が家のプリステラは
随分大きくなりました(笑)

アプロ&ランプアイ 撮影難易度:☆☆☆☆☆


DSC01537.jpg
泳ぎ回るわ逃げ回るわ動き方がランダムだわで
最凶でした…まぢ無理(;ω;)

群れのままでそれだからもし仮にアプロと
ランプアイを別々に撮り分けろなんて事に
なった日にはもう絶望的ですねぇ。

なのでこの写真で勘弁して下さいm(_ _)m

とまぁ、こんな感じでほとんど初めて“撮ろうと
狙って”魚を撮ってみた訳ですが実際にやったら
難し過ぎて余裕で1時間以上経ってました。

もうね、アレですわ…キレイな魚の写真をupしてる
皆さんまぢ尊敬です!




theme : 熱帯魚
genre : ペット

tag : アクアリウム 写真

comment

Secret

Re: No title

シャミセンさん

初めまして&コメントを頂きありがとうございます^^
自分のブログを実際にアクアリウムを始める参考に
して頂けたなんて光栄ですよぅm(_ _)m

質問に関してですが自分の場合CO2添加時には
エアレーションを含め酸素の強制供給はしていませんよ^^

厳密には水面から自然に酸素を取り込んでいると
言えますがCO2添加時は水中に溶けるCO2の量を
可能な限り多くする為に人為的な酸素の供給は
CO2添加をしない夜間のみエアレーションで対応しています。
なので基本的にはCO2添加時には酸素に関しては特に
何もしていない感じですねぇ。

死水域は自分の場合外部フィルターの排水のシャワー
パイプを水槽の上部に手前に向けて設置し、水槽上部奥→
水槽上部手前→水槽下部手前→水槽下部奥と水が流れる
ようにしてレイアウトもその流れをなるべく邪魔しない
感じで一応作っていますねぇ。

それでも底床内はどうしても死水域になってしまうので
底面フィルターを設置して(自分が大磯砂を使う理由の
一つがコレです)夜間エアレーションついでにその部分の
水を循環させている感じです。

とまぁ、こんな感じですが参考にして頂ければ幸いです^^

自分は特に凄腕アクアリストって訳では無いので大した
事は言えないかもですが答えられる事は何でも答え
ますんで良かったらこれからも宜しくお願いしますねー♪

Re: No title

45Fさん

おぉ!とても詳しく説明して頂いてありがとうございますm(_ _)m
成る程、素人考えでちゃんとしたデジタル一眼とかでないと
対応しきれないモンなのかなぁとか思っちゃっていましたが
逆に今自分が使っているようなヤツの方が有利な場合も
あったりするんですねぇ^^

教えて頂いた方法は自分では思いもよらない事でしたので
とても勉強になりました!ありがとうございます♪

次回生体を撮る時には是非挑戦してみたいと思います^^b

No title

初めまして。今回の記事に関係ないことをコメントしてすみません。
数か月前にアクアリウムを始めた大学生です。
始めようと思ってから、アクアリウムをどのようにやるかなどをここのブログを大変参考にさせてもらいながら実際にやり始めました。

いくつか質問をしたくてコメント欄を利用させていただきます。
不快に思わせてしまったらすみません。

・日中CO2添加を行っているときは酸素の供給はどのような方法ですか?
・死水域を作らないために外部フィルターの排水を工夫していますか?

よろしければ教えてください。
これからもここのブログを参考に自分が納得するアクアリウムを作りたいと思います!

No title

デジタル一眼などのカメラもありますが、水槽の撮影は逆に小さいセンサーのカメラの方が有利な場合があります。
小型のカメラだと、ピントが合う範囲が広いんです。
大きく撮ろうとズームすればレンズが暗くなり、ピントも合う範囲が狭くなります。広角側でレンズが明るくなるようにして、少し離れて撮りたい魚よりも広い範囲が撮れるようにします。
そうすると、手前の水草から後ろの魚までピントが合うはずです。
そして、大きく見せたい部分だけトリミングすればズームで撮ったように大きく見えます。
1600万画素もあるのでこういう使い方ができると思います。

管理人の徘徊先

管理人が読み逃げさせて頂いたり相互リンクさせていただいているサイト様の最新記事ですYo!
プロフィール

ぶらっくもーりー

Author:ぶらっくもーりー
これからアクアリウムを始めたいと思っている人の役に立ち、知識やテクニック+αの情報があるサイトを目指している初心者アクアリストです。これから徐々にコンテンツを充実させていきたいと思っていますので良ければまた遊びに来て下さい。(初めての方はこちらもご覧下さい。)

カテゴリ
月別アーカイブ
良ければ応援お願いします
人気ブログランキングへ
通販アクアショップ
機材から生体まで品揃えがハンパ無いっす。
     charm楽天市場店
アイテム簡単検索
飼育/育成方法を調べる
超熱帯魚図鑑 (魚の値段も調べる場合はこちら超水草図鑑エイトミリオン (水草の値段も調べる時はこちら
リンクについて
このサイトはリンクフリーです。特に断り等も必要ないので自由に、かつフリーダムにリンクしてやって下さい。また、ジャンルに関わらず相互リンクも大歓迎ですのでその際は下記メールフォームや各記事のコメントにてお知らせ頂ければ幸いです。是非相互リンクしましょう!

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
相互リンクサイト様
相互リンク募集中ですー!
RSSリンクの表示
訪問THANKSです
記事検索
管理人的買って良かった
人気アクアリウム用品
ピックアップ
人気ペット用品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。