スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィルターの大掃除

寒くなる前にやらねば!
アクアリウムの心臓部である濾過器・・・
これが無いと水槽の水を綺麗に保つ事が
できないってゆー超重要な機材なのは
言わずもがなですが年中無休で24時間
水槽の汚れやらゴミやらを吸い取って
いるので定期的な掃除は欠かせません。

掃除のスパンは濾過器の種類や水槽の
環境によって人それぞれですが管理人の
場合は基本年2回、春と秋に実行しています。

ちなみに春と秋ってのは単純に夏の暑いなか
作業なんてしたくないのと冬の寒いなか
水なんて触りたくないってゆー超個人的な
理由なんでアクアリウム的な事情は一切
ありませんよぅ(笑)

そんな訳で最近ちょっと忙しくてアクアリウムの
事全般一切何にもできてなかったんですが
いよいよ寒くなってきたし何より生き物の
世話は度を超えてサボってはイケナイので
前々から「今日はやるぞ!」と決めていました。

DSC02365.jpg
そんな訳で早速濾過器を外して分解。

管理人の濾過器は

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新エーハイム 500 フィルター (東日本用:50Hz) 外部フィルター
価格:6180円(税込、送料別) (2016/11/21時点)



ってヤツなんですが先ずはコイツの頭の
部分から始めていきます。

DSC02366.jpg
この頭部分にはインペラーと呼ばれる
プロペラ的な部品が入っているので

DSC02368.jpg
取り出して分解。
小さい部品もあるので無くさないように
気をつけましょう。

それとインペラーのシャフト(棒的な部品)は
逝く時は結構あっさりポキっと折れるんで
地味に取り扱い注意な部品です。



ちなみに折れると↑な出費death.
地味に高いdeath.

DSC02369.jpg
なんて事を言いながら各部品を鬼washします。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【これは便利!】お掃除ブラシ4本セット
価格:648円(税込、送料別) (2016/11/21時点)



↑的なブラシがあるとインペラーの穴の
中とかまで綺麗に掃除ができますねぇ。

DSC02370.jpg
頭本体の方も忘れずに・・・ただしこっちは
モーターとか機械が入ってる部分でもあるので
水の通り道以外に水をぶっ掛けないように
気をつけながらやりましょう。

DSC02374.jpg
したら今度は胴体部分。
中身をザザーっとバケツにあけて米を
研ぐ要領で濾材を軽く洗います。

管理人の濾過器は生物濾過(詳しくは
こちら
特化仕様のセッティングなので濾材の大半は
生物濾過用の濾材です。

管理人は耐久性重視で

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

テトラ EXバイオボール 関東当日便
価格:1010円(税込、送料別) (2016/11/21時点)





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

テトラ EXリング 500ml 関東当日便
価格:510円(税込、送料別) (2016/11/21時点)



の2つを仕様していますがこれはまぁ好みの
問題なので好きなのを使えばOKですねぇ。

ただしここで重要なのは“必ず水換え時と
同じようにカルキを抜いた水を使う事”
です。

これらの濾材には有害な物質を分解
してくれるバクテリアが住み着いていて
水道水でそのまま洗うとそのバクテリアが
死んでしまいます。

そうなるとそもそも生物濾過が出来なく
なってしまうのでヤバイじゃん?

だから必ずカルキを抜いた水を使います。

上記の理由からここに関しては汚れを
落とすって感じじゃなくて申し訳程度に
洗っておく位の感じでOKです。

DSC02372.jpg
で、生物濾過特化型とは言えインペラー部に
ゴミが行かないように一応物理濾過用の
スポンジも最低限で入れてあるのでそっちも
洗います。

基本洗って綺麗になるようであれば再利用
で粗目の方は再利用決定になりましたが

DSC02364.jpg
ウールマットの方は限界っぽかったんで
今回新品に交換する事にします。

ちなみにこれら物理濾過用の濾材は水道水で
気にせずガンガン洗っちゃいます。
え、スポンジに住み着いた濾過バクテリア?
・・・知らん!(爆)

DSC02375.jpg
そして胴体の本体や

DSC02373.jpg
その他パーツも忘れずに洗ったら
再びセッティングをして無事終了。

ちなみに管理人の濾材の順番は給水→排水で
粗目スポンジ→EXリング→EXバイオボール
→ウールマットとなっています。

theme : 熱帯魚
genre : ペット

tag : アクアリウム 水槽 濾過器 生物濾過

comment

Secret

管理人の徘徊先

管理人が読み逃げさせて頂いたり相互リンクさせていただいているサイト様の最新記事ですYo!
プロフィール

ぶらっくもーりー

Author:ぶらっくもーりー
これからアクアリウムを始めたいと思っている人の役に立ち、知識やテクニック+αの情報があるサイトを目指している初心者アクアリストです。これから徐々にコンテンツを充実させていきたいと思っていますので良ければまた遊びに来て下さい。(初めての方はこちらもご覧下さい。)

カテゴリ
月別アーカイブ
良ければ応援お願いします
人気ブログランキングへ
通販アクアショップ
機材から生体まで品揃えがハンパ無いっす。
     charm楽天市場店
アイテム簡単検索
飼育/育成方法を調べる
超熱帯魚図鑑 (魚の値段も調べる場合はこちら超水草図鑑エイトミリオン (水草の値段も調べる時はこちら
リンクについて
このサイトはリンクフリーです。特に断り等も必要ないので自由に、かつフリーダムにリンクしてやって下さい。また、ジャンルに関わらず相互リンクも大歓迎ですのでその際は下記メールフォームや各記事のコメントにてお知らせ頂ければ幸いです。是非相互リンクしましょう!

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
相互リンクサイト様
相互リンク募集中ですー!
RSSリンクの表示
訪問THANKSです
記事検索
管理人的買って良かった
人気アクアリウム用品
ピックアップ
人気ペット用品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。